鳥取県・バード合同会社・大林式工法・E-SOIL
>
>
安心・安全防塵材

安心・安全防塵材

 E-ソイル改良グラウンドは、それだけでもかなりの防塵効果がありますが、設計では無機系防塵材(塩化カルシウム等)による表面処理が併設されることがほとんどです。

 安心・安全防塵材は、E-ソイル改良グラウンドの砂塵防止力を強固に補充するので、安心です。

 E-ソイル未改良グラウンド(在来グラウンド)へ使用しても高い防塵効果があるので、あらゆるクレイ系グラウンドにも安心して使用できます。

 各種の表層土に各種の防塵材を施用し、2か月後の飛砂量試験の結果が下の表です。

 50cm三方木枠に布袋をつけ、動力噴霧器で送風した際の飛砂重量を㎡換算したものです。かなりの防塵効果があることがわかります。

防塵材各種

表層土各種

なし

塩化カルシウム

(施容量:1.5kg/㎡)

ダストコート希釈液(0.3l/㎡)

ダストストッパー(30ml/㎡)

ダストコート希釈液(0.5l/㎡)

ダストストッパー(50ml/㎡)

真砂土

 

6.0kg/㎡ 4.4kg/㎡ 1.0kg/㎡ 0.88kg/㎡

黒土・荒木田土

 

7.6kg/㎡ 6.4kg/㎡ 2.6kg/㎡ 1.24kg/㎡

改良土

(真砂土+E-ソイル)

1.2kg/㎡ 1.0kg/㎡ 0.6kg/㎡ 0.4kg/㎡

改良土

(黒土・荒木田土+E-ソイル)

1.6kg/㎡ 1.6kg/㎡ 1.0kg/㎡ 0.6kg/㎡

 

 *注)改良土は、E-ソイルの表面活性処理によってグラウンド表面の埃量が大変少ないです。

    未処理の樹皮系土壌改良材での結果を示すもでのはありません。

    ダストストッパーは、特許が成立しています。ダストコートは、特許出願済みです。

    有機系防塵材をご検討の際には、知的所有及び使用権の有無をお確かめの上、ご使用ください。

 

 無機系防塵材は金属を腐食させます。

 鉄製遊具の腐食は、鉄柱等の倒壊、むき出しの腐食部による指の切断などを引き起こすので、大変危険です。鉄サビの事故後遺症に対しては損害賠償請求を認める判決が下されています。

 安心・安全防塵材は、無機系防塵材と異なり鉄サビに強いため、安全です。

 芝生による校庭緑化、グラウンドの周囲の植物。これらは無機系防塵材によって生育性が損なわれますが、安心・安全防塵材は有機性素材なので、植物にも安全です。

 無機系防塵材は、飛散によりグラウンド周辺の農作物にも影響を与えますが、安心・安全防塵材は農作物への塩害にも安心・安全です。

 砂塵はグラウンドだけの問題ではありません。多くの車両が走り回る建築現場でも多く発生しています。安心・安全防塵材は、建築現場のむき出しの土舗装に施用することで周辺環境を改善するので、建築現場を安心して管理できます。

 

 <ダウンロード>

 安心・安全防塵材 施工実績     ダウンロード

 

 製品安全シート  ダストストッパー ダウンロード

          ダストコート   ダウンロード